江戸川区の工務店で注文住宅・新築リフォーム

MENU

  • 創業から70年続く家づくりの技術
  • 既存ストックを活かしたリノベーション
  • 木造から鉄骨、コンクリートの建物まで
  • 再生可能エネルギー事業への取り組み

お知らせ

江戸川区『環境フェア2018』でマイ箸づくりやります!

毎年、江戸川区で6月の第一週土曜日に開催される『環境フェア』。 今年は、2018年6月2日(土)開催予定です。 会場は、江戸川区総合文化センター。 昨年同様、東京建築士会江戸川支部ブースでは、「マイ箸づくり」をします。

今なら解体費用の1/2を助成金で

老朽木造住宅除却工事助成制度 古い木造住宅の解体費用の1/2まで助成金が出ます。ただし、50万円が上限です。 例1:解体費用90万円の場合 自己負担45万円(助成金45万円) 例2:解体費用120万円の場合 自己負担70 …

【差し上げます】冊子『けんせつ姫』を無料配布!

建設現場で輝く女性達の生活を赤裸々に紹介していることで話題の『けんせつ姫』。 メディアでも多く取り上げられています。

江戸川区の工務店の日々

江戸川区の「なごみの家」ってどんなところ

「なごみの家」とは 弊社の近くにも4月から「なごみの家」がオープンしました。 江戸川区の「なごみの家」というのは、地域包括ケアシステムの福祉拠点の愛称です。 それが、弊社の近所の瑞江にもオープンしました。 地域包括ケアシ …

建設キャリアアップシステムは、やったほうがいいの?

(建設業者向け記事です) 建設キャリアアップシステムとは 国土交通省が定め、今年から始まります建設キャリアアップシステム。建設現場(土木の現場も含む)で働く技能者(大工さんなど)ひとりひとりの就業実績や所有する資格を登録 …

建設キャリアアップシステムロゴ

売買時の既存住宅状況調査と瑕疵保証検査とは異なります

いよいよ2018年4月から既存住宅の売買において、その住宅が既存住宅状況調査ができるかどうかの説明が重要事項説明の項目として義務付けられます。 この制度の目的は、既存住宅の流通促進です。既存住宅を購入する時の3つの不安、 …

既存住宅状況調査スキルアップ講習のご報告

2018年3月20日、一般社団法人東京建築士会にて、既存住宅状況調査技術者向けスキルアップ講習の講師をさせていただきました。内容は、既存住宅状況調査であきらかになった劣化事象の扱いを判断するための積算技術です。多くの建築 …

IOT住宅はじめました

住宅のIOT化をはじめました。IOT化と言っても具体的にどのようなことができるのか想像つきにくいですよね。 住宅をIOT化するとどのような事ができるのかについてご紹介します。 便利・快適 スマホリモートコントロール ドア …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.