江戸川区の工務店で注文住宅・新築リフォーム

MENU

江戸川区の工務店の日々
  • HOME »
  • 江戸川区の工務店の日々 »
  • 再生可能エネルギー

再生可能エネルギー

太陽光発電、風力発電情報

風力発電のモニタリングサービス

モニタリングサービス 風力発電の場合、民家のないような場所を選びますので、頻繁に現地に確認に行くことは難しいです。しかし、C&Fの場合モニタリングによって、リアルタイムで風力発電の状況を確認することができます。で …

知っておきたい!屋根にソーラーパネルを載せるときの注意点

2017年2月16日にネット通販大手会社の物流倉庫で火災が発生しました。 報道では、1階と2階の天井も焼け落ちたとなっていますので、はっきりとは分かりませんが低層階で火が出たものと思われ、それが倉庫にあった燃えやすい商品 …

まだあまり知られていない小型風力発電の発電実測値

お待たせしました。 小型風力発電(19.5kw)の今年連系した風力発電所の発電実測値をご報告します。 今回は、青森県の某所で今年施工しました小型風力発電所の発電量です。 19.5kwの発電機が2基隣り合って立っています。 …

ショールームに風力発電展示コーナーができました

パラパラと雪が降る中、本社のショールームに風力発電のナセル(原動機部)を搬入しました。 ブレードのついていない状態でエントランスから入るギリギリの大きさでした。たくさんの社員の手を借りて丁寧に建物内に運んでいます。 搬入 …

太陽光発電と風力発電とを効率比較してみた

太陽光発電と風力発電とを効率比較してみた 現在FIT法では、太陽光発電と風力発電では、そのエネルギー源も違うことから規模もコストも変わってきます。来年の4月にはFIT法が改正されますが、今年度中に再生可能エネルギーに投資 …

風力発電タービンの建て方

先日行われました、丸喜齋藤組で第一号となる風力タービンの建て方工事の様子をご紹介したいと思います。 容量が19.5kWという小型の風力発電です。 まずは、基礎工事です。支柱の土台の部分をコンクリートの基礎によってしっかり …

太陽光発電の架台の高さを高くするメリットとは

太陽光発電の架台の高さを高くするメリットとは 積雪地域でない限り、太陽光の高さは、低い方で地面から50cmくらいの高さにするのが一般的です。日射が当たる限りは、部材が短くなる分、コストが安くなるのでそれに越したことはあり …

改正FIT法に関する地方説明会が開催されます

改正FIT法に関する地方説明会が開催されます 先月、国会にて「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(通称:FIT法)等の一部を改正する法律」が成立したことを受け、平成29年4月1日より固定価格買 …

改正FIT法案可決!設備認定ID取消ルール

改正FIT法が衆議院本会議で可決されました 平成29年4月1日より固定価格買取制度が変更になる改正FIT法が参議院本会議で、今月25日に可決しました。これにより、平成29年3月31日までに、電力会社との接続契約を締結され …

未稼働の太陽光発電の設備認定は失効となるか!?

これまでの産業用太陽光発電のプロセスでは、仮にその土地が農地であっても所有者の了解を得なくても誰でも勝手に設備認定(権利のID)が取得できていました。そのため、認定を受けたにもかかわらず未稼働の10kW以上の案件は、20 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.