東京下町に建つ町屋風の家

 

東京都葛飾区。住宅街ではありますが、通りに出れば商店が並び、町工場などもちらほら存在する下町で建てさせていただいた住宅です。平入屋根で正面の玄関を開けると奥まで中廊下が続く町屋形式の家です。

外観は、黒いガリバリウムの壁ですが、軒天の仕上げに使用された紀州杉がアクセントになっています。

構造材や造作材には、山長商店さんの紀州杉がふんだんに使用され、壁には漆喰が塗られています。

施工状況

 

所在地:東京都葛飾区
主要用途:戸建住宅
設計・監理:STA土屋辰之助アトリエ

敷地面積:103.08㎡
建築面積:61.29㎡
延床面積:104.45㎡(建屋部のみ)
構造・規模:在来軸組木造、地上2階

施工事例に戻る

フォローしてね!