鋼矢板(シートパイル)工法という山留め工事

山留め工事

建築工事の仮設工事の中に『山留め工事』という工事があります。建築する建物に地下室がある場合や敷地に高低差がある場合に作業スペースや安全性を確保するために土留めや地下水の浸入を抑えたりすることを目的とします。

仮設工事というと架設足場を架ける工事がよく知られていますが、それ以外にもこのような仮設工事があります。

山留め工事には、大きく3種類の方法があります。一つは、鋼矢板工法です。もう一つは、親杭横矢板工法です。他に地中連壁工法というのがあります。

鋼矢板工法(シートパイル)

先に鋼矢板工法を簡単に説明します。俗にシートパイル工法とも呼ばれます。「パイル」というのは杭のことですが、シート状の杭。つまり厚みのある鉄板を杭のように打ち込んでいきます。

シートパイルの搬入
シートパイル搬入

このシートパイルを打ち込むときに先に地質調査をしておくのですが、地盤が固いときには、シートパイルを打つ位置を先行して掘削しておきます。

掘削機アボロン

長いドリルのような刃先で掘削しますのでそれほど土は出ません。目的は、シートパイルを打つ場所に入りやすくすることです。

アボロンで先行掘削したところにオートパイラーで圧入していきます。ダダダダダ!!!という大きな音を出さないで圧入できるサイレントパイラーです。

しかし、この機械も万能ではありません。打設位置から左右にそれぞれ1.2mくらいのスペースがないと設置できないために狭小地には向いていません。

シートパイルをすべて打ち終わったら掘削していきます。

一次掘削
一次掘削完了

そして切梁を架けまして、さらに深く掘り進んでいきます。

二次掘削

以上が、山留め工事の鋼矢板工法の流れです。こうして、はじめて地下室を作る工事ができます。この山留め工事という仮設工事は、これくらいの規模ですと1,000万円以上かかります。ですので、地下室がある建築工事は工事費が高くなるのですね。

ちなみにシートパイルは、止水する役割を兼ねていますが、周囲の水位が高いと水が出るだけでなく水圧が高くなり危険です。ディープウェル工法などの揚水を同時に行い、周囲の水位を下げながら掘削しましょう。

少し、長くなってしまいましたので、土留め工事の親杭横矢板工法については、また次回ご紹介します。

次回、「親杭横矢板工法」の手順。

親杭横矢板工法

親杭横矢板工法

フォローしてね!

鋼矢板(シートパイル)工法という山留め工事” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。