世代をこえて地域を支える 私にもできる

認知症声かけプロジェクト

にスタッフとして参加してみました。

主催は、エドガワスマイルコミュニティ委員会さんです。

内容は、認知症への理解を深めて参加者が実際にチームを組んで、認知症のある高齢者役の人に声をかける訓練を行います。

はっきり言って、面白いです。訓練というと辛そうに聞こえるかもしれませんが、リアルゲームです。

6チームに別れまして、それぞれ認知症の人を探すエリアが決められています。50分の制限時間の中で、認知症役の人を探して優しく声をかけ、警察役の人に連絡するというゲーム(訓練)です。

知らない人に声をかけるという行為は、実は勇気が必要です。しかし、実際にこの様に地域を歩いていると、近所の方から「今日は、何をしているのですか?」と逆に声をかけられます。

そのようなときには、「認知症声かけプロジェクトをしています」とお答えし、江戸川区の地域においてこのような活動を広げようとしていることを知ってもらいます。

思わず、本物のお年寄りに声をかけてしまったりとか、地域住民と触れ合うにはとても良い企画です。

貴方の地域でも是非、やってみてください。何か発見があると思います。