連結送水管の耐圧試験を行いました

今日は、丸喜齋藤組の事務所がある丸喜ビルの連結送水管の耐圧試験を行いました。

連結送水管とは、火災のときにハシゴ車では届かないような高層ビルや地下街などでは、消火活動に限界があるので、建物内部に先行して設置する配管設備のことです。この配管が、非常時に問題なく利用できるかどうかを定期点検しておく必要があります。

一階の道路から接続しやすいところに送水管があります。そこにポンプ車をつなぎます。

ポンプを接続して、圧力をかけます。

予め、屋上の放水口には、圧力計を設置しておき、圧力が確認できれば、配管は正常です。

耐圧試験が終わった連結送水管の送水口には、このようなシールが貼られています。

この耐圧試験は、初めは築10年目で行い、その後3年毎の点検が必要です。

今度、気にしてみてみてください。皆さんの周りの建物にもあるかもしれません。