お待たせしました。

小型風力発電(19.5kw)の今年連系した風力発電所の発電実測値をご報告します。

今回は、青森県の某所で今年施工しました小型風力発電所の発電量です。

19.5kwの発電機が2基隣り合って立っています。今年の1月20日に連系し、月末の31日に検針した結果がこちらです。

片方は、2313.7kwh。もう片方は、2532.2kwhを示しています。この2基は近くに同時に建てられていますので、近くであっても1割程度の発電量の誤差があるのが分かります。

以下が、2基分の記念すべき、第一回目の検診通知書です。ここで注意したいのは、この発電量は、20日から31日までの11日間の発電量であるということです。

この2基の発電量の平均を取ると2,400kwh程度でしょうか。

これは、11日間の発電量なので、月あたりに直すと6,500kwhくらいです。夏場の低圧太陽光発電の発電量くらいですね。

しかし、風力発電の場合はkwhあたり売電単価が59.4円なので、月38.6万円くらいの収入になるということですね。

これを仮に×12ヶ月すると年間463.2万円という金額になります。

そこまでうまくいくかは、分かりませんが連系開始時の発電量は、それくらいのペースで売電しています。

一年経ったらまた報告したいと思います。

もっとすごい!2017年11月の発電実測値はこちら