今年の冬は、住宅ストック循環支援事業PATTOリフォームの効果のせいか、内窓リフォームのご注文をたくさんいただきました。

理屈では、分かっていながらも実際にどれくらい効果があるのか?それは、体験してみないとわからないということで自分の部屋でも試してみることにしました。建物は鉄筋コンクリート造。既存の窓は、アルミサッシのペアガラス。建設当時(10年以上前)のビル用サッシとしては、まず標準的な窓であったと思います。

内窓施工前

内窓施工前

内窓施工後

内窓施工後

内窓を施工する前と施工後の写真を比べて見ましょう。以前は冬の部屋は、寒くこの部屋はエアコンの暖房に頼っていましたが、今年はとても暖かくエアコンの暖房はほとんど使いません。しかし、一見してもその違いはよく分かりません。そうです。見た目では違いは伝わらない。そう思っていました。

しかし、とても寒い朝にその違いは現れました。

こちらは、内窓を付けたところのサッシとサッシの間の様子です。

朝日が差し込んで見えにくいかもしれませんが。外側の網入りガラスのアルミサッシに樹脂枠の内窓二重サッシを取付けたの状態です。

そして、内窓を付けなかった方のアルミサッシの同じ時間の様子がこちらです。

アルミ枠にびっしりと結露しているのがをお分かりいただけますでしょうか?これらは、どちらも同じ日の同じ時間に撮影したものです。つまり、同じ水蒸気量を含んだ空気に触れたとしてもアルミサッシの場合は、これだけ冷えていて、樹脂製の内窓を付けたところは、同じ空気に触れても結露することがないんですね。内窓をつければ必ず結露しないとは言い切れないところもありますが、実際にこうして比べてみると効果の違いがお分かりいただけると思います。

内窓(インナーサッシ)の効果

内窓をつけると既存のアルミサッシと部屋との間にもう一層の空気層をつくります。更に内窓そのものがペアガラスであることから、既存よりも二層分の空気層を増やすことができます。この空気層が多いほど断熱効果が高くなります。

更に内窓の枠は、熱を通しにくい樹脂製なので、アルミ製の枠のように冷たくなって結露することが起こりにくくなります。

また内窓は、冬だけでなく夏場のエアコンの効きも効果的にします。夏場の熱い外気を室内に入れにくくします。それによって、光熱費が安く済みます。

熱だけではありません。二重サッシにすることによって防音の効果も高くなります。外の音はほとんど聞こえなくなります。

迷われている方は、どうせ付けるなら一日でも早く付けて一日でも多く快適に過ごせるようにしてほしいと思います。付けるのを我慢している期間だけ快適さを享受できず損をしています。アルミサッシの開口部には、内窓を絶対オススメします。

ZEHlogo02