今から30年前に丸喜齋藤組で建てていただいた青森ヒバの住宅へお伺いしました。

場所は、鎌倉市の山の中。階段を登っていかないと入れない場所なので、車は入っていけないところです。

その階段を登りきったところにその住宅は姿を現しました。

30年前の当時は、周りの樹々も低く、とても見晴らしが良かったようです。

今では、周りの木が大きく育ってしまって、2階のリビングの窓からも、木に囲まれているのが分かります。

造作材には、青森ヒバを使い、壁は漆喰塗りです。真壁なので入隅や出隅に柱が見えてくるので、このように落ち着いた空間になるのですね。

和室です。ふすまは、当時のままですので30年経って年季が入っていますが、漆喰壁の白さは、際立っていました。

トイレは、和式でしたが、きれいにお使いいただいて清潔感があります。もちろん壁は、漆喰塗りです。

30年経った青森ヒバの家は、いかがでしたでしょうか?

山の上に建てるために、材料も全て手運びであったと聴いてます。その苦労のかいもあって30年経っても構造もしっかりしていて、きちんとお手入れされているので、まだまだ長くお住い頂けるのではないかと思います。