丸喜齋藤組JVで施工中の現場は、最近あまり騒がれなくなりました新国立競技場の建設工事ではございません。弊社で施工させて頂いているのは、青森県の新陸上競技場です。

外から見ると仮設の足場で囲まれていて、どのくらい工事が進んでいるのかわかりにくいですよね。

しかし、中から見るとなんとなくスタジアムの観客席らしきカタチが見えてきています。

少し寄ってみてみると、仮設足場が何重にも組まれているのが分かります。その向こう側がよくわからないくらいです。

観客席は、こうしてみるとまっすぐじゃなくて、少し曲がっているのがわかりますね。

観客席の屋根を支える骨組みも少しずつカタチが現れてきました。

上からだと、スタジアム全体が俯瞰して見えます。これなら陸上競技や試合観戦もよく見えそうですね。

このように順調に工事は進んでおります。工期は、来年いっぱいはかかります。しばらく経って、工事が更に進みましたら、またご報告したいと思います。