近年、カナダのブリティッシュコロンビア州にある都市バンクーバーは、不動産開発に活気づいています。アジア系では、金持ちの中国人が多いイメージがありますが、昔から日本人も多く住んでいます。

そして、バンクーバーの食事というとサーモンというイメージがありますが、実際は東京のように世界中の料理を食べることができます。

中でも最近人気なのがラーメンです。人気店は、日本のようにお店の前に行列ができるほどです。北は北海道のラーメンから南は九州のとんこつラーメンまで、日本の地域ブランドのラーメン屋が出店しています。

今回は、そのラーメン屋さんの内装工事現場を見せてもらいました。工事会社は、社長もスタッフも全員日本人です。大胆な内装がうけるようで、壁に大きな筆書体のロゴサインを作っているところでした。

日本では、必要のないケースが多いですが、BC州ではこのような内装工事の場合も建築確認申請が必要です。そのほうが、きちんとした工事がなられるようになるからです。今は建設ラッシュなので、このような内装工事の確認検査でも許可が下りるまで6ヶ月くらいかかったそうです。

ここで働く大工さんも、以前は日本で仕事をしていましたが、現在はバンクーバーに住み働いています。

日本の現場は大工不足なので、このような大工さんに日本で働いてもらいたいと思いますが、バンクーバーの大工さんがもらっている時給はカナダドルで40~80ドルくらい。日本円に直すと時給3,000円~6,000円くらいです。

マクドナルドの時給が13ドルくらいらしいので、大工さんの時給が日本に比べて良い待遇であることが分かりますね。

日本の建設費は、以前と比べると高騰していますが、大工さんの日当はまだ低く、今後このまま人手不足が進めば、ますます日本の建設費が上がってくと考えられています。