天井から雨漏り?梅雨の前に終わらせたい!屋根のカバー工法

天井からの雨染みなどありませんか?晴れの日が続くと忘れてしまいますが、これからの季節、梅雨の長雨やゲリラ豪雨に備えて屋根を補修し、雨漏れしないように対策をしましょう。本来でしたら、屋根の下地まで撤去して下地から組み直すというのが、通常の屋根の改修工事ですが、屋根のカバー工法なら、撤去手間や撤去材の処分費がかからず、工期も短縮できるため、工事費も安くすみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

施工前の鋼板屋根

雨漏りしている屋根の表面は、塗膜が剥がれ、さびてしまっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さびによる穴あき

さびてしまうと板金であっても穴があいてしまいます。

タイトフレーム

タイトフレーム

カバー工法では、まず初めにタイトフレームという金物を下地のあるところに固定していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見えなくなる部分だからこそ、きれいに施工します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋根材の固定

タイトフレームにビスで固定します。ビス頭は、隣の屋根材で覆われるので、雨が入らなくなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軒先には、軒樋を固定するための吊金物を仕込んでおきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

棟板金の端部は特に丁寧におさめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見違えるように、きれいにできました。これで、雨漏れの心配はなくなりました。

夏場の遮熱効果もある屋根材なので、一石二鳥です。