土間は、昔から家の外部と内部をつなぐ、おもてなしの空間として存在してきました。家の中に住んでいる人は外に出やすく、また外の人は中に入りやすくなります。そのような空間を設けることによって、人と人とのコミュニケーションが生まれ、より豊かで楽しい毎日を過ごすことができるでしょう。そんな土間空間を積極的に取り入れた「まるきの家」の施工事例をご紹介します。


b0163796_12523001.jpg
広めの玄関土間と居間との間には、扉は設けず一体の空間につなげていますが、土間と床の段差によって心理的な空間の仕切りとしています。
b0163796_12524246.jpg
広めの土間にテーブルとベンチを設けて、来客者が靴を脱がなくても気軽に立ち寄れるようなスペースとしています。

b0163796_12530768.jpg
玄関扉を開けると奥行きのある土間空間が広がります。

b0163796_12531626.jpg
囲炉裏のある広い土間空間で人を集めて楽しむ空間です。リビングと一体の開放感のある空間です。

b0163796_12533321.jpg
芸術家のお施主さんが住む家です。広い土間の壁には絵が飾れるギャラリーとしても利用できます。

b0163796_12534389.jpg
玄関を入ってすぐに生活している空間を見られたくない場合は、廊下によって玄関を広く見せてはいかがでしょうか。

b0163796_12535329.jpg
この土間空間の右側は車を停めるガレージです。車に載せる荷物の出し入れもスムーズになります。