なぜ今、建てるチャンスなのか。

b0163796_19143000.jpg
それには、幾つかの理由があります。今回はそれをご説明したいと思います。

1.再来年には、消費税率が10%に上がるから
消費税が5%から8%に上がるとき、注文住宅の駆け込み発注が起きましたばかりですが、2年後の平成29年の4月には消費税が更に10%になることが決定しています。消費税が8%から10%に上がると家一件あたり40~60万円程度の負担になります。その半年前にあたる来年の9月までの契約までは8%となるでしょうから、それまでとその後では、その前の方がお得です。

2.作業員不足により工事費が上がっていくから
消費税が10%に上がるまでの駆け込み需要と東京五輪関連施設の工事が始まってくることもあり、作業員が今よりも不足します。そうなると作業員を金額の多さで奪い合う事態になってきますから、後になればなるほどしばらくは、工事費が高くなっていくことが予想されます。
工事費上昇のゆくえ

3.今なら「すまい給付金」があるから
すまい給付金制度は、消費税率が引き上げられた時に住宅取得者の負担を軽減するために設けられた制度です。今であれば、最大30万円の給付が受けられますが、いつもでもこの制度が続くとは限りません。今利用できるお得な制度です。

4.今なら「省エネ住宅ポイント制度」があるから
先日もご紹介した省エネ住宅ポイント制度は、新築であれば最大30万ポイント(30万円相当)もらえます。しかも、それほどハードルが高いわけではありません。しっかりした断熱性能をもった家と30万円を同時に手にできるのは今のうちです。
省エネ住宅ポイント制度について

5.ローンの金利が安いから
今は、借り入れの金利が異常なほど安いです。この低金利もいつまで続くかは分かりません。実際、2月から3月にかけては、上がり始めています。ローンで購入を検討されている方にとっては今がお得です。

b0163796_19483069.png
6.必要なタイミングで建てるべきだから
家は、建てる時期を遅らせたからといって、その分長持ちするものではありません。しっかりとメンテナンスしていけば、何十年でも維持できます。あるいは逆に何十年後か先には、予想外の出来事によって手放すタイミングもあるかもしれません。少しでも長くその家に住んで利用したいと思ったら、少しでも早く建てるしかないのです。

以上の理由から、建て主さんにとっては今は大変優遇されている時期です。
もしも、住まいの取得を検討されているのであれば、